JapItAmerican Family Life

日本人&イタリア系アメリカ人家庭の生活記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2週間前に2つ出された長女のプロジェクトが、週末やっと終わったぁ~!


1つは「動物の生息環境のジオラマ」

okapi

okapi

まずは何の動物にするか、、、と思えば、やっぱり大好きなオカピ。
長女のクラスメートのお母さんから、オカピの模型を貸してもらえたのが、すっごくラッキーだった。
あとは家にある物をいろいろ使って、靴が入ってた箱にレインフォレストを再現。
さらに説明書きも加えて終了。


もう1つは「大統領についてのレポート」

report

長女はくじ引きで、25代目のウイリアムマッキンリーについて提出することが決まり、親子共々名前さえ知らない大統領だったんで、すぐに図書館へ。
子供向けの本は歴史がニガテな私にもまぁまぁ読みやすくて、私自身勉強になった。
ちなみにウイリアムマッキンリーは、誰もが惚れてしまいそうなくらいイイ人だと思った。
でもレポートって難しいねぇ、、、かなり本丸写し気味(汗)


子供のプロジェクトとはいえ、親の手伝いは必須!?(のほほ~んタイプのうちの長女は特に)
だから、この2週間はこの2つのプロジェクトのことで、私も頭がいっぱいだったんで、やっと解放されてうれし~!
でも、高学年くらいになったら、ちゃんと自分1人でやっておくれ~。


さて、プロジェクトも終わってホッとしてたら、昨日長女が中間成績おしらせ表?をもらってきたんだけど、なんと今回は初の「C」が!!!(汗汗汗)
しかも、大好きなはずのリーディングで、、、いったいどうしてヤバイ成績がついてしまったのか、、、
数週間後に実際の成績表をもらってくるまでに、なんとか挽回できるといいんだけど、、、


おまけ

prince

たぶん、長女が置いた、窓越しに何かを眺めるバービープリンス、プラス次女。
スポンサーサイト
水曜日は次女の遠足だった。

前回の遠足は私自身が行ったことがない場所だったので、一緒に付いて行きたいと思ったんだけど、次女に「来ないで」と言われ、、、付き添わなかった。
今回は何度も行ってる動物園だったので、どっちでもいいやと思ってたのに、「来て!来て!」と言われ、、、付き添うことに。

動物園に行くにはパーフェクトな天候だったんだけど、、、それ以外はビミョウだった。
というのは、まず次女がかなり自己中心的な態度だったので、ただ後ろの方でそんな次女を見てるだけでも、なんだか疲れた。
ランチも私は1人で食べたし、いまいち一緒に行った意味があったのか?っていうくらい、常に次女とは別行動だった。

field trip zoo

でも次女本人は、友達とはしゃぎまくりで、かなり楽しかった様子。


field trip zoo

ペンギンのところでは、みんなで水槽の下に潜って、キャーキャー言いながら見てた。


とりあえず、1ヶ月前から次女が楽しみにしてた動物園への遠足が、やーっと終わってなにより。
昨晩は長女の学校で「サイエンスフェア」があった。

低学年の時はクラスみんなで観察実験する感じだったけど、3年生になった今年からは個人で自由研究を提出しなくてはいけなくて、たしか11月くらいから取り組むように言われてたけど、長女はスタートがちょっと遅く、、、でもなんとか無事に提出することができてホッとしてた。

で、昨日普通に学校にお迎えに行ったら、車に乗り込んだ長女が、「私の自由研究、クラスで1番に選ばれた!!」と。
私は、「えっ!?えっ!?ホント!?ウソでしょ!?えっホントに!?」と、かなり驚き動揺し涙がでた。

一緒に考えて選んだ「どの色の電球に1番虫が集まるか」というテーマ。
この時期は夏場のようにあまり虫がいなくて、観察後に出た結果もビミョウな感じだったから、こんなんでいいのか??っていう気持ちがちょっとあって、まさか賞をもらえるなんて思ってなくて。

science fair 2012

でも昨晩は、友達のお母さん達にも、「すごいね!」「おめでとう!」と声をかけてもらい、高学年の先生にも「これあなたの!?よくできてるって、私もあなたの担任の先生と一緒にあなたのを選んだのよ。この調子でしっかり勉強を続けようね」って声をかけられてた長女。

大げさかもしれないけど、今まで長女を見守ってきた親としては、日本にいた時、1歳半検診でひっかかり、子供発達センターに通ったり、3歳くらいまで言葉をしゃべらずだった頃が、まるで幻かのように思えるほど、長女の成長を実感させてもらって、長女に感謝する1日となった。


おまけ

science fair

ご褒美に何かないかなぁ、、、と思ったけど、突然で、、、
で思い出したのが、むか~し日本のリサイクルショップで買った、科学実験セット?
こ~んなちっちゃなモノしかなくてごめんよー。



さらに、、、追伸ザンゲ 「情けない私の中学時代の自由研究の思い出」

そう、私には思い出すと胸がチクッとする自由研究の思い出がある。
というのは、まず私は理科全般、特に化学実験はニガテで、中学の夏休みの宿題だったかに提出しなくてはいけなかった自由研究を避けて通りたくて、、、
当時親が購入してくれていた学年誌に載っていた宣伝広告で、自由研究のキットを注文して、それに入っていたのを丸写しして提出。
だからもちろん、自分で観察すらもしていなければ、写真もキットに入っていたのを貼り付けて、、、
すると、、、なんと市の賞か何かに選ばれてしまって(汗)
しかも1度でなく2度も、、、(汗汗)
ただ宿題から開放されたくてとった手段が、まさかの展開に発展してしまい、学校の舞台に上がって賞状をもらった時は、後ろめたくて、、、(恥)
だから大人になった今でも、「自由研究」と聞くと、当時の事を思い出し恥ずかしくなる。
でもこれからは長女のおかげで、嬉しい思い出も追加されて、ちょっと救われた。
また、アメフト観戦を楽しんだ先週末。
でも、無料工作には、ちゃんと行ってきた。

santa

こ~んなかわいいサンタさんのそり。
しかーし、次回の予約が必要な無料工作は、すでに市内のホームセンターすべて定員いっぱい、、、
でも、去年も作ったような汽車みたいだから、まぁいっか。


さて今日は、長女の学校で「Boosterthon」(家族などにスポンサーになってもらって、1周いくらって各自で決めて、後日お金を学校に寄付するって感じのイベント)があった。

boost

1周走るごとに、先生達が生徒のTシャツをチェック。
私は子供たちに水を渡すお手伝いをしたんだけど、結構暑くて、走ってもいないのに汗がジワジワ。


そのあとは、長女のクラスでは食事会があって、我が家は「Pigs in a Blanket」(ミニソーセージにビスケットの生地を巻きつけてオーブンで焼いたもの)を作って持って行った。


pigs

60コ作ったけど、あっという間になくなった。
最初はブラウニーを持っていく予定だったんだけど、他の人とダブったので、何か他にないかなぁ~って考えた時に、先週のプリスクールの食事会で、コレを作ってきてた人がいたのを思い出して、急きょ変更。
材料少ないし、簡単だし、配りやすいし、子供達にも人気だし、これからは持ち寄りパーティーの時は、コレがいいなって思った。
でも、長女の1年生の時の担任だった男の先生には、「Pigs in the Blanketなんてアメリカンなのじゃなくて、何かジャパニーズなのを作って来なきゃアカン!」みたいなことを言われたけど(苦笑)


おまけ

s

突然、うちのソファに現れた、青い目をした女の子。
名前は「シャイアン」というらしい(笑)
今週は長女の学校でアートフェアがありました。

長女が描いた絵が、、、

art fair 2011

コレなんですけど、正直見た瞬間「うっ、、、」と思ってしまった私(苦笑)
カエルを描いたとは聞いてたし、カエル自体は嫌いではないのですが、この絵はちょっとコワイ。
でも知り合いの人に「背景がステキ」と声をかけてもらったり、ド真ん中に描かれてないのが好みだったりする私には、「たしかに味はあるかも、、、」と、じわじわ愛着がわきそうな作品。
そうそう、このアートフェアでは、子供の作品(というかフレーム)を買うことができ、購入して家に帰ってきて、さあ飾ろうかと思ったら、旦那が「フレーム不良品じゃない?」と言い出して、、、
たしかによく見ると、裏の部分が思いっきり浮いてるというか曲がっているというか、2500円近くも支払ってコレはないだろっ!!!という感じだったので、私1人学校に戻り、気に入るフレームを手にするまで、4回もフレーム交換してもらうことに、、、


ちなみに次女も図書館で、

fish

魚を作ってきました。


そして最近、

person

体に腕と足がついた「人」の絵を描くようになって、ちょっと成長を感じました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。